アポハンターを利用して負担を軽くする

営業社員の仕事の幅は広く、地道に客先を回ったり電話をかける活動もあれば、契約にこぎつけるまでのクロージング業務や代金回収などもあるでしょう。会社においては優秀な営業社員にはより難しい業務に専念してもらいたいでしょうが、営業社員が少ない所では地道に電話をかける仕事も優秀な社員にさせているところもあり、それらの社員の負担を大きくしています。電話をかけてアポを取る業務があるなら営業代行サービスの中のアポハンターを利用すると良いかも知れません。予め用意した電話番号リストを元にアポ取りの電話をしてくれ、アポイントが取れたらそれを元に営業社員が出向いて商談につなげていきます。アポ取りのプロなので、アポ自体の量を増やせるメリットもあるでしょう。

既存顧客へのフォローをアポハンターにしてもらう

営業社員にはそれぞれ担当する顧客があり、商談をするときもあれば放置をするときもあります。多くの顧客に対して平等の対応をするのは難しく、大きな商談になりそうなときはその顧客につききりになり、過去の商談規模が小さい顧客に対しては連絡の数も少なくなりがちです。顧客を維持するには適宜顧客との連絡を取る必要があるので、その時に営業代行サービスであるアポハンターを利用してみましょう。取引規模が比較的少ない顧客をリスト化しておき、定期的に商品やイベントの案内をアポハンターにしてもらいます。全く何もしなければ関係が自然消滅する可能性もありますが、定期的な連絡があれば他社への乗り換えを防げるようになるでしょう。

会社の営業業務を代わりに行う営業代行には、新人の営業マンを教育するための人件費やコストを削減できるというメリットがあります。その一方で、自社の情報が流失してしまう可能性もあるので、注意が必要です。