発電効率で太陽光パネルを選ぶべきか

太陽光発電システムを設置するときにはいろいろな比較をする必要があります。一番気になるのは太陽光パネルでしょうしその性能に注目するときもあるでしょう。できればより発電をしてくれるシステムの方がいいので発電効率の高いメーカーや品種を選ぶかもしれませんが、実際には別の項目も見る必要がありそうです。パネルには発電効率の他サイズの違いもあります。あるメーカーのものは小さいサイズのものを組み合わせるようになっていて、発電効率は低くても多くのパネルが設置できます。一方発電効率は高いものの一枚のパネルが大きいタイプは屋根によっては載せられる枚数が限られます。このときは発電効率が低くてもより多く載せられるタイプを選んだ方が良さそうです。

方角による発電量の違いを知る

太陽は東から昇って南方向に上がっていき、最高点以降は徐々に西に沈んでいきます。太陽光発電装置を利用するならパネルを屋根の上に取付けるでしょうが、南向きにパネルが向くように取付ければ同じ面積のパネルを取り付けた時により多くの発電をしてくれるでしょう。新たにパネルを取付けるとすると自宅の屋根が必ずしも真南を向いていないときもあります。業者によっては方角ごとに発電予測をしてくれるところもあるので、事前にどれくらい発電できるかを知った上でどこに取り付けるかの判断をするとよいでしょう。南側に高い建物があると方角的には良くても発電量が少なくなるかも知れません。高いビルがある時にはそれも考慮して方角を決める必要があるでしょう。

太陽光発電の価格は、昔と比べると安くなってきています。理由としては、太陽光発電システムが十分に普及したことによって電気が大量生産されたことが挙げられます。