自社でトライする方法

紙袋の印刷を自社で実施する方法はかつては多く見かけられました。自社の社員が手分けして印刷業務に従事して、少しでもよりよい紙袋を作成していたものでした。自社での印刷は経費がかからない、といったメリットがある一方で、印刷に従事する社員は本業に満足に従事できない、といったデメリットがあります。しかも最近では社員の業務も多くなってきていることから、今では自社で印刷する企業は少なくなったと言えます。

専門業者へ外注するという方法

これに代わって目立ってきたのが専門業者へ外注するといった動きです。専門業者は紙袋の印刷のプロとして多くの実績があり、ノウハウも豊富ですので、上質な印刷が可能となります。外注となりますと費用がかかるといったイメージがありますが、確かに費用はかかりますが、以前ほど高価ではなく、最近では価格は安くなっている傾向があります。特にインターネットで展開している専門業者では驚くほどの価格で請け負っていることが多く、そうした専門業者への外注も多くなっています。

専門家を雇用して印刷する方法もあります。

企業の中には多少費用がかかっても良いから、とにかくオリジナリティーのある上質なものを仕上げたいといったところもあります。そうした企業では専門家を雇用し、その人に印刷を任すといった手法をとっています。会社に雇用された専門家は紙袋のデザインから印刷までを独自の手法で実施していきます。専門家へ支払う給与など費用はそれなりにかかりますが、その分オリジナリティーあふれる上質な仕上がりができるという点で、こちらも人気があります。

スーパー等の紙袋にお店の名前を入れることは、お客様が街中をその袋を持って歩くことで広告としての効果が期待できます。その為、流通業界では紙袋の印刷には一定のメリットがあると考えられています。