タイムレコーダーの種類

タイムレコーダーと聞いて思い浮かぶものに据え置き型のタイムレコーダーがあるでしょう。打刻形式で勤怠時間を管理する昔ながらのタイムレコーダーを採用する企業は、いまだに多いものです。社内システムと連携を考える場合には、タブレットなどで動作をするアプリ形式のものを活用するのが良いでしょう。社内にタブレットを据え置きするだけで、ダウンロードするだけで、すぐに利用ができる点が人気です。

タイムレコーダーアプリの選び方

タイムレコーダーアプリを導入することで、社内の勤怠管理の効率化を実現することを可能にします。日々の勤怠管理からスケジュール調整に至るまで、従業員の就業管理をトータルで実践できるのが、タイムレコーダーアプリを導入するメリットです。

業務管理もタイムレコーダーアプリで実現

タイムレコーダーアプリを用いることで、勤怠管理は勿論のこと、日々の業務のワークフロー調整や日報管理なども行うことができます。タイムレコーダーアプリを導入することで、社員の就業時間の確認と同時に就労状況を把握することを可能にしてくれます。

給与計算や年末調整も可能

タイムレコーダーアプリの機能には、従業員の就業時間の管理以外にも、給与計算や年末調整を行ってくれるものもあります。勤務時間を元に自動的に給与を計算してくれ、年度末の年末調整も自動で行ってくれます。

タイムレコーダーアプリはクラウドでも利用可能

タイムレコーダーアプリのなかには、クラウドで利用することが可能なものも数多くあります。パッケージ形式のソフトウエアを購入しなくても、クラウド形式のタイムレコーダーアプリを活用すれば、少ない初期費用で運用することが可能になります。

タイムレコーダーが設置してあると、社員の出退勤が正確に管理できますから、無駄な出費をすることが無くなります。